トップページ > 診療内容 > 子どもの予防歯科

子どもの予防歯科

—甘いものが好きな子どもにむし歯ができるのは仕方がない。

このように思い込んでしまい、子どもの歯をむし歯にしていませんか。出生直後の赤ちゃんの口腔内には、むし歯の原因菌であるミュータンス菌は存在しないと言われています。子供が虫歯にならないように、親が責任を持ってケアすることが大切です。

伊井歯科クリニックでは、あなたのお子様をむし歯にさせない・ならないようお口の健康を守るために通っていただく診療室作りを目指しています。

出産前~出産直後

出産前~出産直後|子どもの予防歯科主な原因は、母親からの感染と言われています。一度、口腔内にむし歯の原因菌が定着すると、菌のない状態に戻すことは困難です。

  • 子どもをむし歯にさせないための知識を得る
    (お気軽にご相談ください)
  • 出産前にむし歯の治療をしておく
  • 妊娠中に定期的なお口のクリーニングを行う

これらのことを行い、母親のお口の中をミュータンス菌の少ない清潔な状態にしてあげることがあなたのお子様への虫歯予防につながります。子供を虫歯のない健康な歯に育てるためにも、日頃から検診を受けておくことが大切です。

出産直後~2歳半

出産直後~2歳半|子どもの予防歯科むし歯の原因菌であるミュータンス菌に感染するのは、1歳半~2歳半の子どもに多く、この時期に感染を防げば、むし歯になりにくい細菌などほかの細菌が増え、むし歯になりにくくなります。このことから、乳幼児期の子どもの食事に関して気をつけたいこととして、以下のようなことが挙げられます。

  • 口移しで食べ物を与えない
  • 同じお箸やスプーン、ストローなどを使わない
  • 砂糖を使用したお菓子・ジュースを控える
    (哺乳瓶でジュースやイオン飲料を与えるのを避ける)

2歳半~子ども

2歳半~子ども|子どもの予防歯科食生活や歯みがきなど、虫歯予防に気を使っているお母さんも多いとは思いますが、虫歯を予防する主なポイントとして、次のことが挙げられます。

  • おやつを食べる時間を短くする、もしくは食事の直後にする
  • 間食の回数を減らす
  • 食事の直後にキシリトールガムを与える
  • フッ素入りの歯みがき粉を使用、磨き方を定期的に専門家より指導を受ける

これらのことを気をつけることにより、むし歯のリスクをかなり軽減させることができます。

2歳半~子ども|子どもの予防歯科

ページ上部へ ページ上部へ

伊井歯科クリニックがおすすめする「子どもをむし歯にさせないための予防歯科プログラム」

1.伊井歯科クリニックの予防に対する取り組み

原因は1つだけではありません。むし歯になる原因(リスク)はいくつもあり、そのリスクの割合はひとりひとり違います。伊井歯科クリニックでは、その原因を調べ、あなたのお子様にあった虫歯予防法をみつけるため、だ液検査をおすすめしています(唾液検査で「唾液の量」「むし歯菌の数」「歯を守る力」がわかります)。

2.伊井歯科クリニックがおすすめする「子どもをむし歯にさせないための予防歯科プログラム」

伊井歯科クリニックではだ液検査の結果をもとに、「カリオグラム」というコンピュー タプログラムを使用してお子様1人1人に合った虫歯予防プログラムを作成し、むし歯になってから治療するのではなくむし歯にならないように予防管理していく取り組みを積極的に行っています。
※カリオグラムスウェーデン王立マルメ大学のダグラス・ブラタール教授により開発されたコンピュータプログラムで、ある個人の有する将来に新しいむし歯ができるリスクについてコンピュータを用いてグラフで表したもの。

カリオグラムにだ液検査の結果を入力すると現在のむし歯を防ぐ可能性が数値でわかります(その数値の低さに多くのお母様は、「エーッ」と驚かれます)。もし、むし歯になりやすかったとしても大丈夫。だ液検査のデータをもとに、その人にとってベストな予防法を提案し、むし歯にならない可能性を高める予防法を提案いたします(歯みがきの仕方の改善から食事指導までしっかりと時間をとって提案いたします)。
そして、その提案を実行していただいた場合のむし歯を防ぐ可能性を数値で確認して いただきます。
カリオグラムのデータ、提案内容は印刷してお渡ししています。

子どもをむし歯にさせないための予防歯科プログラム|子どもの予防歯科

費用

カリオグラムを用いたむし歯予防の提案は、50分6300円となっています。

(含まれる内容)
むし歯に関する基礎知識の提供
唾液検査

  • 唾液量の測定
  • 唾液の中和力の測定
  • 口腔内のむし歯原因菌数の測定

カリオグラムを用いた虫歯予防の提案

ページ上部へ ページ上部へ

子どもの予防歯科 Q&A

歯磨きはいつ頃から始めればいいの?

歯が生え始める生後6ヶ月くらいが目安です。歯が生え始める前はとくに必要ありませんが、歯が生え始める生後6ヶ月ごろは、何でも口に入れたがる時期。このころから歯ブラシに慣れさせておくと、次のステップに進みやすくなります。最初は歯磨きティッシュが効果的ですが、フッ素入りのものを使ってもよいかどうかは、歯科医師ご相談ください。

赤ちゃんや子どもの歯、仕上げ磨きの方法は?

子どもひざに寝かせ、上から口の中を覗き込む姿勢をとりましょう。あごを手で支えながら、前歯の付け根、歯と歯の間を中心に磨いていきます。
前歯のまん中の歯肉にある筋(上唇小帯)に、歯ブラシが当たると、子どもが痛がる原因になるため、痛くしないように優しく磨きましょう。

唇をそっと押さえ、ハブラシが上唇小帯に当たらないように、軽く小刻みに動かすのがコツです。

虫歯はうつるって本当ですか?

生まれたばかりの赤ちゃんは、むし歯の原因菌であるミュータンス菌を持っていません。身近にいる人が食べ物を口移しで与えたり、同じ箸で食事をすることによって、うつってしまうのです。一度感染すると、一生その種類の虫歯菌を持たなくてはなりません。子どもが虫歯にならないように、小さなお子様の身近にいる人(母親など)は、ご自身のお口のチェックを怠らないようにしましょう。

ページ上部へ ページ上部へ